赤ちゃんの衣類を洗濯できる専用洗剤|肌に優しい成分が豊富

赤ちゃんの肌トラブル

乳児

オイルでしっかり保湿

産まれたばかりの赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。そのため、お風呂は毎日入れているのに、赤くプツプツしたものが…なんて話もよく聞きます。あせもや新生児ニキビなど、顔や体に現れる様々な湿疹を総称して、乳児湿疹と呼びます。乳児湿疹のケアで大切なのは、保湿です。入浴後や秋以降の乾燥した季節は、こまめに保湿ケアをしていきましょう。赤ちゃんに使えるローションやマッサージオイルもあります。量の目安は、カサカサしている肌がしっとりとするまでです。入浴後にマッサージオイルを塗りながらのベビーマッサージは、非常にお勧めです。保湿ケアに加えて、ママに優しく触れられながらのマッサージで赤ちゃんの安眠にもつながります。

タイプ別にみる対処法

乳児湿疹は、種類によって対処法が異なります。頭や顔に皮脂の固まりである、黄色いふけのようなものがついていたり、それが炎症して赤くなっているものは「脂漏性湿疹」です。原因は、ママのホルモンの影響が大きく関係しており、皮脂や汗の分泌が活発な赤ちゃんは、それが詰まりやすいために起こります。「脂漏性湿疹」のケアは、石けんで優しくなでるように洗い、清潔にする保つことです。見落としがちな、わきの下や足の付け根・首周りもしっかりと洗うようにしましょう。「あせも」は、暑い時期など背中や首、お尻など蒸れている状態で赤くポツポツとなって現れます。原因は汗をかいているにあるので、汗をかいていたらこまめに着替えさせることが大切です。また空気が乾燥する季節に多いのが、「乾燥性湿疹」です。その名の通り、乾燥が原因となって、傷ついた肌が赤く炎症を起こしているので、保湿ケアが大切です。乳児湿疹の症状が長引くのであれば、アトピーやママの母乳からのアレルギーが原因とも考えられるので、早めの受診をお勧めします。