赤ちゃんの衣類を洗濯できる専用洗剤|肌に優しい成分が豊富

進化しているボトル

哺乳瓶

母乳感覚で飲めるミルク

様々な赤ちゃんグッズが生まれ、進化している中で、哺乳瓶はずっと昔から一緒というイメージもあります。しかし、メーカーも色々工夫を凝らしているのが現在の哺乳瓶です。哺乳瓶は滅菌が必要なので、煮沸やレンジでの加熱、薬剤による消毒の方法があり、素材はそれに対応しているものでないといけません。最も多く使われている素材は耐熱ガラスです。お出かけ用や保育園用にプラスチックのものもあります。母乳と同じ感覚で飲めるような形状や素材を採用している哺乳瓶もあります。これは、いつも哺乳瓶で飲ませていると楽なため、母乳を飲まなくなってしまう赤ちゃんが多いことを考慮した製品です。時々は母乳で育てることもあきらめないという考えに沿った哺乳瓶です。

様々な場合に合わせた製品

哺乳瓶のサイズは160ml前後のものと、大きめの240ml前後が主流です。お出かけ用や一回の飲む量が少ない場合は小さいサイズで足りますが、場合によって2つのサイズを使い分ける方がいいかもしれません。大きなサイズを普段用に、小さいものをお出かけ用にする家庭が多くなっています。哺乳瓶は基本的に市販の粉ミルクを作って入れて飲ませますが、母乳を入れて飲ませることのできるものもあります。これはお母さん側の問題で一時的に直接飲ませられない時や、赤ちゃんがうまく飲んでくれない時に使うようになっています。また、保温性のある素材で作られているものもあり、最適な温度を保ったまま飲ませられて、使わない時期になったら水筒として使えるという商品もあります。