赤ちゃんの衣類を洗濯できる専用洗剤|肌に優しい成分が豊富

ベビー服や布団の洗い方

乳児

洗剤や柔軟剤が与える影響

赤ちゃんがいる家庭では、服やタオル、布団など肌が触れるものを洗濯する場合、洗剤や洗い方にも気を使ってほしいものです。合成洗剤の中には、赤ちゃんに刺激が強い成分が入っていて、湿疹やアレルギーなどの原因になる恐れのあるものも存在します。柔軟剤を使用すると手触りが柔らかくなりますが、繊維がコーティングされて水を吸わなくなります。赤ちゃんの肌着や布団、タオルなどの洗濯には不向きですし、赤ちゃん向けには使わないことを推奨している専門家も多くいます。衣類に匂いが強く残るのも、最近の洗濯洗剤ではよくあります。鼻を刺激してくしゃみが止まらないという場合もあります。今まで普通に使っていたけれど、赤ちゃんへの影響を考えて使わなくなったというお母さんは多くいます。

昔ながらの石鹸で洗う

赤ちゃんにも優しい成分を歌ったオーガニックな洗濯洗剤もあります。しかしこれは値段が高めですし売っているところが限られます。一番簡単なのが、昔ながらの石鹸で洗うことです。粉石鹸は手間がかかりますが柔軟剤が必要なく、排水も環境に与える影響が少なく、シンプルで合理的な方法として見直されています。溶けやすい液体石鹸から始めることが簡単でおすすめです。いろんなお掃除に使えるセスキ炭酸ソーダも、水に溶けやすく、洗濯に使えて、簡単で経済的と人気が高まっています。石鹸やアルカリで洗うとき、もし洗い上がりがゴワゴワするようなら、すすぎのときにクエン酸を加えると、アルカリと酸が中和してくれ、衣服が柔らかく仕上がります。

進化しているボトル

哺乳瓶

赤ちゃんグッズの中で、哺乳瓶は昔から変わってないように見えますが、意外と進化していて様々な形式のものがあります。母乳感覚で飲めるものは最近人気の形式です。赤ちゃんが母乳に戻りやすい形状になっています。

もっと知ろう

赤ちゃんの肌トラブル

乳児

赤ちゃんの肌を荒らしてしまう乳児湿疹の原因は、症状のタイプに合わせて3つが挙げられます。脂漏性湿疹や乾燥による湿疹、あせもなどの症状は、原因に合わせた毎日のケアで防いでいきましょう。

もっと知ろう

赤ちゃん用品の貸し出し

赤ちゃん

ベビー用品は限られた期間だけ使用するものですが、子どもはあっという間に大きく成長するので使わなくなってからのことを考えるとレンタルが良いのではないかと思います。レンタルであれば使わなくなってから仕舞うこと必要がないので、便利です。

もっと知ろう